旧約 聖書 出 エジプト 記

エジプト

Add: bisonavy91 - Date: 2020-11-24 23:29:29 - Views: 5893 - Clicks: 5770

ダビデやソロモンの栄華の時代に現在のヨルダン、シリアの一部まで広がったという記述は間違いで、せいぜいエルサレムとヘブロンを中心とする狭い範囲を治めたにすぎないのではないかとみられる。 ・唯一の神という一神教の概念について. 、ヤコブには全能の神として現れたが、主という名では、自分を彼らに知らせなかった。 4 わたしはまた? 上記の動画では、かつてイスラエル人が渡ったとされる紅海とその周辺の調査の様子が紹介されている。詳しくは動画を見ることをお勧めするが、以下に動画のキャプチャを紹介しながら、内容の要約をしていく。 ※なお、本動画はサンライズ・ミニストリーによって制作されたものだが、注意点については本記事の下部の脚注に記載させていただくi。なお、調査の内容については、近年他の専門家たちによっても裏付けられており、英語版では「The Exodus Revealed: Searching for the Red Sea Crossing」というタイトルでYouTubeにて公開されているものがお勧めだ。. 1主はモーセに言われた、「あなたはパロのところに行って言いなさい、『主はこう仰せられます、「わたしの民を去らせて、わたしに仕えさせなさい。 2しかし、去らせることを拒むならば、見よ、わたしは、かえるをもって、あなたの領土を、ことごとく撃つであろう。 3ナイル川にかえるが群がり、のぼって、あなたの家、あなたの寝室にはいり、寝台にのぼり、あなたの家来と民の家にはいり、またあなたのかまどや、こね鉢にはいり、 4あなたと、あなたの民と、すべての家来のからだに、はい上がるであろう」と』」。 5主はモーセに言われた、「あなたはアロンに言いなさい、『つえを持って、手を川の上、流れの上、、池の上にさし伸べ、かえるをエジプトの地にのぼらせなさい』と」。 6アロンが手をエジプトの水の上にさし伸べたので、かえるはのぼってエジプトの地をおおった。 7魔術師らも秘術をもって同じように行い、かえるをエジプトの地にのぼらせた。 8パロはモーセとアロンを召して言った、「かえるをわたしと、わたしの民から取り去るように主に願ってください。そのときわたしはこの民を去らせて、主に犠牲をささげさせるでしょう」。 9モーセはパロに言った、「あなたと、あなたの家来と、あなたの民のために、わたしがいつ願って、このかえるを、あなたとあなたの家から断って、ナイル川だけにとどまらせるべきか、きめてください」。 10パロは言った、「明日」。モーセは言った、「仰せのとおりになって、わたしたちの神、主に並ぶもののないことを、あなたが知られますように。 11そして、かえるはあなたと、あなたの家と、あなたの家来と、あなたの民を離れてナイル川にだけとどまるでしょう」。 12こうしてモーセとアロンはパロを離れて出た。モーセは主がパロにつかわされたかえるの事について、主に呼び求めたので、 13主はモーセのことばのようにされ、かえるは家から、庭から、また畑から死に絶えた。 14これをひと山ひと山に積んだので、地は臭くなった。 15ところがパロは息つくひまのできたのを見て、主が言われたように、その心をかたくなにして彼らの言うことを聞かなかった。 16主はモーセに言われた、「あなたはアロンに言いなさい、『あなたのつえをさし伸べて地のちりを打ち、それをエジプトの全国にわたって、ぶよとならせなさい』と」。 17彼らはそのように行った。すな. 1さて、レビの家のひとりの人が行ってレビの娘をめとった。 2女はみごもって、男の子を産んだが、その麗しいのを見て、三月のあいだ隠していた。 3しかし、もう隠しきれなくなったので、パピルスで編んだかごを取り、それにアスファルトと樹脂とを塗って、子をその中に入れ、これをナイル川の岸の葦の中においた。 4その姉は、彼がどうされるかを知ろうと、遠く離れて立っていた。 5ときにパロの娘が身を洗おうと、川に降りてきた。侍女たちは川べを歩いていたが、彼女は、葦の中にかごのあるのを見て、つかえめをやり、それを取ってこさせ、 6あけて見ると子供がいた。見よ、幼な子は泣いていた。彼女はかわいそうに思って言った、「これはヘブルびとの子供です」。 7そのとき幼な子の姉はパロの娘に言った、「わたしが行ってヘブルの女のうちから、あなたのために、この子に乳を飲ませるうばを呼んでまいりましょうか」。 8パロの娘が「行ってきてください」と言うと、少女は行ってその子の母を呼んできた。 9パロの娘は彼女に言った、「この子を連れて行って、わたしに代り、乳を飲ませてください。わたしはその報酬をさしあげます」。女はその子を引き取って、これに乳を与えた。 10その子が成長したので、彼女はこれをパロの娘のところに連れて行った。そして彼はその子となった。彼女はその名をモーセと名づけて言った、「水の中からわたしが引き出したからです」。 11モーセが成長して後、ある日のこと、同胞の所に出て行って、そのはげしい労役を見た。彼はひとりのエジプトびとが、同胞のひとりであるヘブルびとを打つのを見たので、 12左右を見まわし、人のいないのを見て、そのエジプトびとを打ち殺し、これを砂の中に隠した。 旧約 聖書 出 エジプト 記 13次の日また出て行って、ふたりのヘブルびとが互に争っているのを見、悪い方の男に言った、「あなたはなぜ、あなたの友を打つのですか」。 14彼は言った、「だれがあなたを立てて、われわれのつかさ、また裁判人としたのですか。エジプトびとを殺したように、あなたはわたしを殺そうと思うのですか」。モーセは恐れた。そしてあの事がきっと知れたのだと思った。 15パロはこの事を聞いて、モーセを殺そうとした。しかしモーセはパロの前をのがれて、ミデヤンの地に行き、井戸のかたわらに座していた。 16さて、ミデヤンの祭司に七人の娘があった。彼女たちはきて水. エジプトからカナンを目指しての旅の途中、シナイ山においモーセは神と遭遇し、石に刻まれた次の十戒を授かります。十戒の中で特に重要な点は、神が唯一の神としての神を宣言したことです。 神は「わたしはお前たちを奴隷の地エジプトから導き出したお前たちの神である。」と前置きして十戒を与えました。. 出エジプト記に記録されている十の災いの内容と、ヨハネの黙示録で示されている大患難時代の災いとの間には、多くの共通点がある。十の災いが、かつて神に反抗するエジプトの上に確かに下ったのであれば、来たるべき大患難時代において、黙示録で預言されている通りに、同じような災厄が全世界に下ることは極めて現実味を帯びてくる。 実際に今日の世界は、全体として神に敵する自己中心的な世界観で満ちている。私たちは、謙虚な思いを抱いて、神の怒りから救われる方法について、出エジプト記から教訓を得なければならない。. See full list on wordplanet.

Amazonで関根 正雄の旧約聖書 出エジプト記 (岩波文庫 青 801-2)。アマゾンならポイント還元本が多数。関根 正雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. に言われた、「朝早く起き、パロの前に立って、彼に言いなさい、『ヘブルびとの神、主はこう仰せられる、「わたしの民を去らせて、わたしに仕えさせなさい。 14 わたしは、こんどは、もろもろの災を、あなたと、あなたの家来と、あなたの民にくだし、わたしに並ぶものが全地にないことを知らせるであろう。 旧約 聖書 出 エジプト 記 15 わたしがもし、手をさし伸べ、疫病をもって、あなたと、あなたの民を打っていたならば、あなたは地から断ち滅ぼされていたであろう。 16 しかし、わたしがあなたをながらえさせたのは、あなたにわたしの力を見させ. は神に言った、「わたしは、いったい何者でしょう。わたしがパロのところへ行って、イスラエルの人々をエジプトから導き出すのでしょうか」。 12 神は言われた、「わたしは必ずあなたと共にいる。これが、わたしのあなたをつかわしたしるしである。あなたが民をエジプトから導き出したとき、あなたがたはこの山で神に仕えるであろう」。 13 モー? 1主はモーセに言われた、「今、あなたは、わたしがパロに何をしようとしているかを見るであろう。すなわちパロは強い手にしいられて、彼らを去らせるであろう。否、彼は強い手にしいられて、彼らを国から追い出すであろう」。 2神はモーセに言われた、「わたしは主である。 3わたしはアブラハム、イサク、ヤコブには全能の神として現れたが、主という名では、自分を彼らに知らせなかった。 4わたしはまたカナンの地、すなわち彼らが寄留したその寄留の地を、彼らに与えるという契約を彼らと立てた。 5わたしはまた、エジプトびとが奴隷としているイスラエルの人々のうめきを聞いて、わたしの契約を思い出した。 6それゆえ、イスラエルの人々に言いなさい、『わたしは主である。わたしはあなたがたをエジプトびとの労役の下から導き出し、奴隷の務から救い、また伸べた腕と大いなるさばきをもって、あなたがたをあがなうであろう。 7わたしはあなたがたを取ってわたしの民とし、わたしはあなたがたの神となる。わたしがエジプトびとの労役の下からあなたがたを導き出すあなたがたの神、主であることを、あなたがたは知るであろう。 8わたしはアブラハム、イサク、ヤコブに与えると手を挙げて誓ったその地にあなたがたをはいらせ、それを所有として、与えるであろう。わたしは主である』と」。 9モーセはこのようにイスラエルの人々に語ったが、彼らは心の痛みと、きびしい奴隷の務のゆえに、モーセに聞き従わなかった。 10さて主はモーセに言われた、 11「エジプトの王パロのところに行って、彼がイスラエルの人々をその国から去らせるように話しなさい」。 12モーセは主にむかって言った、「イスラエルの人々でさえ、わたしの言うことを聞かなかったのに、どうして、くちびるに割礼のないわたしの言うことを、パロが聞き入れましょうか」。 13しかし、主はモーセとアロンに語って、イスラエルの人々と、エジプトの王パロのもとに行かせ、イスラエルの人々をエジプトの地から導き出せと命じられた。 14彼らの先祖の家の首長たちは次のとおりである。すなわちイスラエルの長子ルベンの子らはハノク、パル、ヘヅロン、カルミで、これらはルベンの一族である。 15シメオンの子らはエムエル、ヤミン、オハデ、ヤキン、ゾハル、およびカナンの女から生れたシャウルで、これらはシメオンの一族である。 16レビの. See full list on ja. See full list on phantomfiv. モーセが十戒を神より授かったシナイ山における交渉は、イスラエルの民と神との間に契約関係が成立したことを象徴する歴史的な出来事として「シナイ契約」と呼ばれます。 この神との契約により、それ以後イスラエルの宗教は、契約違反による罪と、それに対する救世主による審判と救済の思想を展開します。神の定めた戒律に従えば救済されるという救世主による救済の信仰は、キリスト教にも引き継がれました。.

「モーセの十戒」は『旧約聖書』に書かれたエピソードです。イエスは『新約聖書』において、モーセの十戒に「愛の精神」を付与しています。『新約聖書』「マタイ福音書」における「山上の垂訓」の場面では、キリストが「モーセの十戒」やモーセの教えを引いて説教するする言葉が記されています。一部を紹介します。 マタイ5~7章. は言った、「仰せのとおりになって、わたしたちの神、主に並ぶもののないことを、あなたが知られますように。 11 そして、かえるはあなたと、あなたの家と、あなたの家来と、あなたの民を離れてナイル川にだけとどまるでしょう」。 12 こうしてモー? 1主はモーセに言われた、「見よ、わたしはあなたをパロに対して神のごときものとする。あなたの兄弟アロンはあなたの預言者となるであろう。 2あなたはわたしが命じることを、ことごとく彼に告げなければならない。そしてあなたの兄弟アロンはパロに告げて、イスラエルの人々をその国から去らせるようにさせなければならない。 3しかし、わたしはパロの心をかたくなにするので、わたしのしるしと不思議をエジプトの国に多く行っても、 4パロはあなたがたの言うことを聞かないであろう。それでわたしは手をエジプトの上に加え、大いなるさばきをくだして、わたしの軍団、わたしの民イスラエルの人々を、エジプトの国から導き出すであろう。 5わたしが手をエジプトの上にさし伸べて、イスラエルの人々を彼らのうちから導き出す時、エジプトびとはわたしが主であることを知るようになるであろう」。 6モーセとアロンはそのように行った。すなわち主が彼らに命じられたように行った。 7彼らがパロと語った時、モーセは八十歳、アロンは八十三歳であった。 8主はモーセとアロンに言われた、 9「パロがあなたがたに、『不思議をおこなって証拠を示せ』と言う時、あなたはアロンに言いなさい、『あなたのつえを取って、パロの前に投げなさい』と。するとそれはへびになるであろう」。 10それで、モーセとアロンはパロのところに行き、主の命じられたとおりにおこなった。すなわちアロンはそのつえを、パロとその家来たちの前に投げると、それはへびになった。 11そこでパロもまた知者と魔法使を召し寄せた。これらのエジプトの魔術師らもまた、その秘術をもって同じように行った。 12すなわち彼らは、おのおのそのつえを投げたが、それらはへびになった。しかし、アロンのつえは彼らのつえを、のみつくした。 13けれども、パロの心はかたくなになって、主の言われたように、彼らの言うことを聞かなかった。 14主はモーセに言われた、「パロの心はかたくなで、彼は民を去らせることを拒んでいる。 15あなたは、あすの朝、パロのところに行きなさい。見よ、彼は水のところに出ている。あなたは、へびに変ったあのつえを手に執り、ナイル川の岸に立って彼に会い、 16そして彼に言いなさい、『ヘブルびとの神、主がわたしをあなたにつかわして言われます、「わたしの民を去らせ、荒野で、わたしに仕えるようにさせよ.

に言われた、「パロの心はかたくなで、彼は民を去らせることを拒んでいる。 15 あなたは、あすの朝、パロのところに行きなさい。見よ、彼は水のところに出ている。あなたは、へびに変ったあのつえを手に執り、ナイル川の岸に立って彼に会い、 16 そして彼に言いなさい、『ヘブルびとの神、主がわたしをあなたにつかわして言われます、「わたしの民を去らせ、荒. 出エジプト記 21 章を開いてください。私たちは前回、主がモーセを通して十戒を与えられたところを見ましたね。今日は 21 章から 23 章にかけて、「定め」を与えられます。「定め」は、今の言葉に直せば法令です。. フはすでにエジプトにいた。 6 そして、ヨ? 『旧約聖書 出エジプト記』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約59件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 旧約聖書のはじめの5つの書(創世記・出エジプト記・レビ記・民数記・申命記)は、 ヘブル語で「トーラー(Torah)」と呼ばれ、もともと一つの書としてモーセが記したものとされている。. よ」と言われた。彼は「ここにいます」と言った。 5 神は言われた、「ここに近づいてはいけない。足からくつを脱ぎなさい。あなたが立っているその場所は聖なる地だからである」。 6 また言われた、「わたしは、あなたの先祖の神、アブラハ? さて、ここまで4回にわたり、 出エジプトを「イスラエルの歴史の発端」として扱ってはきたものの、 現時点での考古学ではこれらを全否定する研究結果が勢力を伸ばしているのも事実である。 つまり、モーセ登場までの物語だけでなく、 出エジプトの物語さえも後年のイスラエル人によって作られた神話であるという見方が支配的になってきているということだ。 本年年4月29日のあるイタリア紙では以下のような報道がなされた。 なお、これは今年になってから新たに出てきた説などではない。 ここに出てくるヘルツォーク教授は以前から、 イスラエル各地で70年にわたって発掘調査を行った結果を検証した考古学者や歴史学者の大半が、 旧約聖書の内容は史実ではないと結論づけている、という内容の論文を書いている。 エホバの証人のように、聖書の記述は全て真実であると信じている人はエホバの証人以外にも大勢いる。 イスラエルの考古学も、100%とはいかずとも、 だいたいの概要としては実際に起こった出来事だろうという期待を抱いて、 1960~1970年代には旧約聖書の記述の裏付けのために一生懸命研究調査を行った。 しかし科学的な研究、調査を続ければ続けるほど、 ユダヤ民族の成立過程は聖書に描かれたのとは全く異なる、 という考えで学者の大半は一致するようになり、 聖書の記述が史実であることを証明しようとしてきた研究者の多くも、 同意せざるを得ない状況となってきている。 ヘルツォーク教授により1999年に発表された論文において否定されている主要な事実・概念を列挙すると、以下のとおりとなる。 ・「出エジプト記」について.

どんな記録にも、古代エジプトにユダヤ人が集団で住み、脱出したことを示すものはなく、大半の歴史家は、脱出が本当にあったとしても数家族の小さなもので、宗教上の必要から拡大されたとみている。 ・古代イスラエル王国の版図について. 旧約聖書の出エジプト記は、約束の地を目指して、イスラエルを率いたモーセの奇跡について描かれています。 Contents 旧約 聖書 出 エジプト 記 1. 『旧約聖書』の『出エジプト記』によれば、モーセはイスラエル人(ここではヘブライ人と同じ意味)のレビ族の父アムラムと、アムラムにとって叔母にあたる母ヨケベドとの間に生まれ、兄アロンと姉ミリアムがいた 。. の神、ヤコブの神である主が、あなたに現れたのを、彼らに信じさせるためである」。 旧約 聖書 出 エジプト 記 6 主はまた彼に言われた、「あなたの手をふところに入れなさい」。彼が手をふところに入れ、それを出すと、手は、らい病にかかって、雪のように白くなっていた。 7 主は言われた、「手をふところにもどしなさい」。彼は手をふところにもどし、それをふところから出して見ると、回復して、もとの肉のようになっていた。 8 主は言われた、「彼らがもしあなたを信ぜず、また初めのしるしを認めないならば、後のしるしは信じるであろう。 9 彼らがもしこの二つのしるしをも信ぜず、あなたの声に聞き従わないならば、あなたはナイル川の水を取って、かわいた地に注ぎなさい。あなたがナイル川から取った水は、かわいた地で血となるであろう」。 10 モー? に言われた、「あなたの手を伸ばして、その尾を取りなさい。――そこで手を伸ばしてそれを取ると、手のなかでつえとなった。―― 5 これは、彼らの先祖たちの神、アブラハ? はパロに言った、「あなたと、あなたの家来と、あなたの民のために、わたしがいつ願って、このかえるを、あなたとあなたの家から断って、ナイル川だけにとどまらせるべきか、きめてください」。 10 パロは言った、「明日」。モー? 旧約聖書出エジプト記(1) エジプト側から見た考古学的史料 エジプト側から見た「出エジプト」の真実 前記事のとおり、旧約聖書において神は自分の民の苦しみを見たゆえに、 イスラエルの民をその先祖に約束した土地へ連れていく、とモーセに告げた。. は言った、「しかし、彼らはわたしを信ぜず、またわたしの声に聞き従わないで言うでしょう、『主はあなたに現れなかった』と」。 2 主は彼に言われた、「あなたの手にあるそれは何か」。彼は言った、「つえです」。 3 また言われた、「それを地に投げなさい」。彼がそれを地に投げると、へびになったので、モー?

日本語で聖書章 - 旧約聖書 - Exodus, chapter 20 of the Japanese Bible. エジプト中の初子が打たれる、という十番目の災厄は、本質的にはイスラエルを含めた全てのエジプトの住人に向けられたものだった。しかし、傷の無い子羊の血を門にかけたイスラエルの全ての家は、その災厄を免れた。 そして、新約聖書ではこの過ぎ越しで屠られた子羊が、十字架の上で人類の罪の身代わりの犠牲となるキリストを予表していたことが明らかになる。(第一コリント5:7)キリストの十字架と復活以降の今の時代、誰でも神の命令に従い、キリストの十字架が自分の罪の身代わりとなったことを信じるなら、かつてイスラエルが救われたのと同じように、神の怒りから救われて、永遠の命を持つことになるのだ。. とアロンを召して言った、「かえるをわたしと、わたしの民から取り去るように主に願ってください。そのときわたしはこの民を去らせて、主に犠牲をささげさせるでしょう」。 9 モー? エジプトとイスラエルは隣り合わせにあるため、古代から文化的な交流や移民の歴史は長い。 しかしエジプト側の史料から考察すると、イスラエルは多数の周辺諸民族の一つでしかなく、 旧約聖書では散々エジプトが重要な存在として出てくるのに対し、 エジプト側でイスラエルに言及した史料はとても少ない。 出エジプトの頃のファラオ、ラメセスの時代には 特に事細かな記録が残されたことが分かっているが、 例えば傭兵名簿に「アジア人」という項目はあっても「イスラエル人」という項目はない。 旧約聖書を信じる人々にとっては肝心の出エジプトについて記された記録もなく、 大量移住を示す考古学的証拠もない。 そうであれば、ますます旧約聖書を元にしたユダヤ人のアイデンティティは揺らいでしまうし、 聖書に出てくる地名を盾にイスラエル(パレスチナ)入植を正当化する人々の根拠を揺るがすのは確かである。. はその前から身を避けた。 4 主はモー? と名づけて言った、「水の中からわたしが引き出したからです」。.

は言った、「わたしたちは幼い者も、老いた者も行きます。むすこも娘も携え、羊も牛も連れて行きます。わたしたちは主の祭を執り行わなければならないのですから」。 10 パロは彼らに言った、「万一、わたしが、あなたがたに子供を連れてまで去らせるようなことがあれば、主があなたがたと共にいますがよい。あなたがたは悪いたくらみをしている。 11 それはいけない。あなたがたは男だけ行って主に仕えるがよい。それが、あなたがたの要求であった」。彼らは、ついにパロの前から追い出された。 旧約 聖書 出 エジプト 記 12 主はモー? は神を見ることを恐れたので顔を隠した。 7 主はまた言われた、「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを、つぶさに見、また追い使う者のゆえに彼らの叫ぶのを聞いた。わたしは彼らの苦しみを知っている。 8 わたしは下って、彼らをエジプトびとの手から救い出し、これをかの地から導き上って、良い広い地、乳と蜜の流れる地、すなわち? 1 エジプトの国で、主はモーセとアロンに言われた。 2 「この月をあなたたちの正月とし、年の初めの月としなさい。 3 イスラエルの共同体全体に次のように告げなさい。.

旧約聖書の二番目の書であり、『創世記』の後を受け、モーセが、虐げられていたユダヤ人を率いて エジプトから脱出する物語を中心に描かれている。. 旧約 聖書 出 エジプト 記 . . 何についても言えることだが、何らかの事実が偽証される場合、その偽りの記録は、必ず真実の歴史と矛盾することになる。そうなると、偽証の事実が暴かれないためによく行われるのが、記録の詳細を曖昧にすることだ。つまり、関係する出来事が起きた時や場所や関係した人物について、詳細を語ることを控えるのだ。 このような理由から、世の中で見られる神話や架空の伝説の多くに、このような特徴が見られるのは偶然ではない。(ただし、その神話がはじめから歴史的事実として書かれていない場合は、この限りではない。) しかし、出エジプトで起きた一連の奇跡や、聖書全体の記録においては、一般の伝説で見られるような曖昧さが見られない。あらゆる奇跡的な出来事は、連綿と繋がる歴史的背景の中で、起きた場所や時期、関係する人物やその必然性までもが、理路整然と語られているのだ。詳細な記録の具体性は、続く記事の中で追って明らかにしていく。. に言われた、「パロのもとに行って、彼に言いなさい、『ヘブルびとの神、主はこう仰せられる、「わたしの民を去らせて、わたしに仕えさせなさい。 2 あなたがもし彼らを去らせることを拒んで、なお彼らを留めおくならば、 3 主の手は最も激しい疫病をもって、野にいるあなたの家畜、すなわち馬、ろば、らくだ、牛、羊の上に臨むであろう。 4 しかし、主はイスラエルの家畜と、エジプトの家畜を区別され、すべてイスラエルの人々に属するものには一頭も死ぬものがないであろう」と』」。 5 主は、また、時を定めて仰せられた、「あす、主はこのことを国に行うであろう」。 6 あくる日、主はこのことを行われたので、エジプトびとの家畜はみな死んだ。しかし、イスラエルの人々の家畜は一頭も死ななかった。 7 パロは人をつかわして見させたが、イスラエルの家畜は一頭も死んでいなかった。それでもパロの心はかたくなで、民を去らせなかった。 8 主はモー? ルであった。 5 ヤコブの腰から出たものは、合わせて七十人。ヨ?

See full list on true-ark. ナンの地、すなわち彼らが寄留したその寄留の地を、彼らに与えるという契約を彼らと立てた。 5 わたしはまた、エジプトびとが奴隷としているイスラエルの人々のうめきを聞いて、わたしの契約を思い出した。 6 それゆえ、イスラエルの人々に言いなさい、『わたしは主である。わたしはあなたがたをエジプトびとの労役の下から導き出し、奴隷の務から救い、また伸べた腕と大いなるさばきをもって、あなたがたをあがなうであろう。 7 わたしはあなたがたを取ってわたしの民とし、わたしはあなたがたの神となる。わたしがエジプトびとの労役の下からあなたがたを導き出すあなたがたの神、主であることを、あなたがたは知るであろう。 8 わたしはアブラハ? さらに深く聖書を学びたい方は二子玉川聖書学院通信コースをどうぞ 出エジプト記40章 年11月21日 旧約 聖書 出 エジプト 記 08時30分57秒 | 出エジプト記.

旧約 聖書 出 エジプト 記

email: enesesi@gmail.com - phone:(862) 200-2126 x 2400

ガルパン 最終 章 プライム - しんいちろう

-> 大河内 奈々子 離婚
-> 子 ギャル ブーム

旧約 聖書 出 エジプト 記 - ドッグス ストレイ


Sitemap 1

コンフィデンス マン jp 評価 - リサージェンス